クリストフ・シュリンゲンジーフの特集上映に10作品 花代らのトークも

特集上映『クリストフ・シュリンゲンジーフ リターンズ!!』が、6月15日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

1960年に生まれ、2010年に逝去したドイツの映画監督、舞台演出家、パフォーマンスアーティスト、脚本家のクリストフ・シュリンゲンジーフ。2011年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』では制作途中の展示作品が金獅子賞を受賞した。

上映作品には『ドイツチェーンソー 大量虐殺』『ユナイテッド・トラッシュ』のHDデジタルリマスター版をはじめ、シュリンゲンジーフや写真家の花代が出演したアレクサンダー・グラセック監督とシュテファン・コリント監督による『友よ!友よ!友よ!』、2000年にオーストリアでシュリンゲンジーフが行なったパフォーマンスの記録『外国人よ、出て行け!』など10本がラインナップ。6月15日には花代、6月22日にはウルリケ・クラウトハイム(ゲーテ・インスティトゥート東京)によるトークイベントが行なわれる。

イベント情報

『クリストフ・シュリンゲンジーフ リターンズ!!』

2019年6月15日(土)~7月5日(金) 会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品: 『アドルフ・ヒトラー100年 ―防空壕での総統の最後のひととき』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『エリーゼのために』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『ドイツチェーンソー 大量虐殺』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『テロ2000年 ―集中治療室』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『ユナイテッド・トラッシュ』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『ボトロップの120日』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『フリークスター3000』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 『友よ!友よ!友よ!』(監督:アレクサンダー・グラセック、シュテファン・コリント) 『外国人よ、出て行け!』(監督:パウル・ポエット) 『U3000』(監督:クリストフ・シュリンゲンジーフ) 料金:一般1,500円 学生・シニア・会員1,100円 ※リピーター割引有り ※18歳未満入場禁止
  • HOME
  • Movie,Drama
  • クリストフ・シュリンゲンジーフの特集上映に10作品 花代らのトークも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて