『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』家具に夢中の幼少期映像

映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』の本編映像と場面写真が公開された。

6月7日公開の同作は、当時国境警備隊の警部補だったフランスの作家ロマン・プエルトラスが、通勤中にスマートフォンで執筆し、30か国以上の出版社に翻訳権が販売された小説が原作。母の死をきっかけに、1枚の偽札を手にして憧れのインテリアショップがあるパリを訪れたインドの青年アジャが、閉店後に店のクローゼットで一晩を明かすことを決めるが、クローゼットがトラックで搬出され、世界中を旅することになってしまう、というあらすじだ。インドの貧困地域で育ったアジャ役にダヌーシュがキャスティング。

本編映像では、少年時代のアジャがインテリアショップのカタログを広げて「どの家具にもカッコいい名前がついてる。シリーズごとに名前が違うんだ」と友達に説明するシーンや、自分がデザインした家具が街中の商店で使われることを想像する場面、青年となったアジャが世界中を旅する様子などが確認できるほか、場面写真には仲間たちとインドの街を駆け抜けたり、ペットの牛・モヒニを叱ったり、母親と仲睦まじく過ごしたりする幼少期のアジャの姿が写し出されている。幼少期のアジャを演じているのは、インドのテレビCMなどで活動する子役のハーティー・シン。

作品情報

『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』

2019年6月7日(金)から新宿ピカデリーほか全国公開
監督:ケン・スコット 原作:ロマン・プエルトラス『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』(小学館文庫) 出演: ダヌーシュ ベレニス・ベジョ エリン・モリアーティ バーカッド・アブディ ジェラール・ジュニョ 上映時間:96分 配給:東北新社
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』家具に夢中の幼少期映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて