ニュース

ポン・ジュノ『殺人の追憶』原作舞台『私に会いに来て』に藤田玲、兒玉遥ら

舞台『私に会いに来て』が9月13日から東京・初台の新国立劇場 小劇場、9月19日から大阪・梅田のサンケイホールブリーゼで上演される。

1996年に韓国で初演され、現在まで再演が重ねられている同作は、実際の殺人事件の資料をもとに創作された作品。次々と起こる猟奇的殺人事件を捜査するためソウルから華城警察署に派遣されたエリート若手刑事キム・インジュン、キム刑事に思いを寄せる茶房の従業員ミスキム、チョ・ナンホ刑事、パク・ヨンオク記者らの人間模様を描く。日本では昨年の3月に初上演。なお同作は、最新作『PARASITE(英題)』で『第72回カンヌ国際映画祭』パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督による2003年の映画『殺人の追憶』の原作となった。

主人公キム・インジュン刑事役に、単独では今回が舞台初主演となる藤田玲、チョ・ナンホ刑事役に中村優一、パク・ヨンオク記者役にHKT48卒業を発表し、舞台初出演となる兒玉遥、ミスキム役に西葉瑞希(きゅい~ん'ズ)、キム・セゴン課長役に栗原英雄がキャスティング。そのほかの出演者は後日発表される。演出はヨリコジュンが担当。

チケットの先行販売は6月下旬、一般販売は8月4日10:00からスタートする。

藤田玲
藤田玲
中村優一
中村優一
兒玉遥
兒玉遥
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る