『プロメア』の「応炎(援)上映」が全国6劇場で開催、応援「指南書」も

アニメーション映画『プロメア』の「応炎(援)上映」が、6月20日に全国6劇場で開催される。

5月24日から公開されている『プロメア』は、『天元突破グレンラガン』『キルラキル』の今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組んだ劇場長編作品。声優陣には松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人が名を連ねている。

「応炎(援)上映」は、発声や合いの手、サイリウムやペンライトで好きなキャラクターやシーンを応援する応援上映形式となる。同作のオフィシャルサイトでは、「応援上映指南書」という記事が掲載されており、「各キャラクターが登場したときにはキャラの名前を一緒に叫ぼう!」各キャラクターのセリフや合いの手、ガロの見得を切ろう!」「技を繰り出すときは一緒に叫ぼう!」といった項目について、「滅殺開墾ビーム」「瞬砕パイルドライバー」といった実例を交えながら参加方法を提案している。

実施館は北海道・ユナイテッド・シネマ札幌、東京・池袋HUMAXシネマズ、神奈川・イオンシネマ海老名、愛知・109シネマズ名古屋、大阪・あべのアポロシネマ、福岡のT・ジョイ博多となる。チケット販売スケジュールは各館のオフィシャルサイトで確認しよう。料金は通常料金となる。

イベント情報

『プロメア』応炎(援)上映

2019年6月20日(木) 会場:東京・池袋HUMAXシネマズ、神奈川・イオンシネマ海老名、愛知・109シネマズ名古屋、大阪・あべのアポロシネマ、福岡のT・ジョイ博多
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『プロメア』の「応炎(援)上映」が全国6劇場で開催、応援「指南書」も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて