ニュース

森崎ウィン登場、STUDIO4℃『トゥレップ』予告編 『海獣の子供』原画展も

『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.

STUDIO4℃の映画『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』の予告編が公開された。

現在公開中のアニメーション映画『海獣の子供』のSTUDIO4℃が手掛けた同作は、「海獣」「海」「生命」「神話」「対話」「宇宙」といったタイトルが付けられたビデオテープを残して行方不明になった男の行方を追う「ドキュメント・オデッセイ」。それぞれのタイトルに沿った専門家へのインタビュー映像、男のボイスメモ、「21世紀の日本の街の風景」などで構成される。監督は山岡信貴。なお「トゥレップ」は、ミクロネシアのマーシャル語で「航海や目的のある旅」、アイヌ語でアイヌの主食オオウバユリを指し「神様の贈り物」として大切にされてきた「命をつなぐもの」を意味するという。公開は6月15日。

予告編では、森崎ウィン演じる謎の失踪を遂げた男の「7月41日、肉体に制限がなくなれば心はもっと自由になるんだろうか。結局、生命の可能性を知るのに、生命そのものを知らなすぎる」というモノローグや、生物学者の長沼毅、獣医学者の田島木綿子、『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介、精神科医の名越康文、水中表現家の二木あい、人類学者の中沢新一、理論物理学者の佐治晴夫の姿などが確認できる。

また山岡信貴監督のトークイベントが6月15日に東京・アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、6月16日に神奈川・横浜シネマリン、6月22日に大阪・シネ・ヌーヴォ、6月23日に愛知・名古屋シネマテークで開催。さらに6月15日からアップリンク吉祥寺、千葉・柏のキネマ旬報シアター、横浜シネマリン、富山・中町のHOTORI×ほとり座ほかで『海獣の子供』の生原画展が行なわれる。今回の発表とあわせて『海獣の子供』の渡辺歩監督のコメントが公開。

渡辺歩監督のコメント

自由だ。
語りべたちはそれぞれの見地で。
宇宙の。自然の。生命の。
そして私たちの意味を解こうとする。

深く聞き入ると。
知らぬ間に人知の岸からはなれて。
帆も錨も持たぬ思考の船は。
生き物の気配に満ちた宇宙をただよう。

その宇宙では。
言葉は音階のぬけたリズムでしかなく。
心地よいままにただうなずく自分に気がつく。
これは自由な映画だ。

答えがあるのか。
答えがないのか。
それをめぐる全ての思考が絶対的に自由なのだ。

ここまで書いて良いことを思いついた。

この映画のフィルムの頭と尻をつなぎ。
終わらぬ上映としたらどうだろう。
観客は好きなところから見て。
好きなところで席を立てばよい。

それほどの自由さをこの映画は持っている。
どうか自由に味わってほしい。

『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』ポスタービジュアル ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』ポスタービジュアル ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『トゥレップ~「海獣の子供」を探して~』 ©Beyond C.
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『海獣の子供』原画 ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を