日韓台米のクリエイター10組が出展する『2050年のファンシーショップ』

menmeizのポップアップショップ『2050年のファンシーショップ・menmeiz.com』が、6月14日から東京・新宿のBEAMS JAPAN トーキョー カルチャートで開催される。

国境、性別、世代を超えて「カワイイ」を創造することを目的として立ち上げられたプロジェクト・menmeiz。プロジェクト名は中国語の「かわいい女の子」を意味するスラング「萌妹子」が由来だ。今後、『2050年のファンシーショップ・menmeiz.com』を皮切りに、国内外の様々なインフルエンサーやクリエイターと共に「カワイイ」を発信していくという。

「2050年のファンシーショップ」をコンセプトに据えた同イベントは、日本のアニメ、ファッションや、韓国のポップカルチャーにインスピレーションを受けたクリエイターを中心に、日本、台湾、韓国、アメリカから10組をキュレーション。アート作品やZINEなどを販売する。参加クリエイターはtree_13、genie、Shiho so、Redfish(Isomoto Akari)、Jenny Kaori、moe_magmag、NABEchan、mami、web88punk、nsn。

イベント情報

『2050年のファンシーショップ・menmeiz.com』

2019年6月14日(金)~6月23日(日) 会場:東京都 新宿 BEAMS JAPAN 4階 トーキョー カルチャート
時間:11:00~20:00 出展作家: tree_13 genie Shiho so Redfish(Isomoto Akari) Jenny Kaori moe_magmag NABEchan mami web88punk nsn
  • HOME
  • Art,Design
  • 日韓台米のクリエイター10組が出展する『2050年のファンシーショップ』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて