Netflix『ストレンジャー・シングス』S3予告編公開、製作陣のコメントも

Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の予告編が公開された。

7月4日にシーズン3の配信が世界同時スタートする『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、1980年代のアメリカ・インディアナ州の架空の町ホーキンスで起こる不可解な事件を描いた作品。シーズン3はシーズン2から約1年後の夏休みが舞台となる。

予告編には、ノア・シュナップ演じるウィルの体に再び異変が現れ始める様子や、ミリー・ボビー・ブラウン演じるイレブンの「私が戦う」というセリフ、イレブンが鼻血を流すシーン、脅威に立ち向かうイレブンたちの姿、新たな怪物の足などが映し出されている。

製作総指揮、脚本、監督を務めたロス・ダファーは「視覚効果、スタントマン、そして作品全体のスケールを考えても、今シーズンは確実に今までの作品で一番スケールが大きいものになっているよ」、同じく製作総指揮、脚本、監督を務めたマット・ダファーは「危険はシーズごとに増していくんだ。ましてや今シーズンは、全く新しい脅威がホーキンスの町だけでなく、国全体を襲うので、危険度はこれまでで一番大きくなることは確かだね」とコメント。

製作総指揮と監督を兼任し続けているショーン・レヴィは「でも今シーズンには、私たちが大切にしているドラマの心情と温かさもあるんだ。シーズン2が“普通の暮らしに戻るための探求”であったならば、シーズン3は“変化の必然性”を物語っている。このシーズンを観終わって涙を一滴も流さない人はいないと思うよ」と語っている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • Netflix『ストレンジャー・シングス』S3予告編公開、製作陣のコメントも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて