ニュース

山田洋次監督『男はつらいよ お帰り 寅さん』ティザーポスター&特報公開

山田洋次監督の映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のティザーポスターと特報が公開された。

1969年に第1作目が劇場公開され、これまでに49作が作られてきた『男はつらいよ』シリーズ。約22年ぶりの新作となる12月27日公開の『男はつらいよ お帰り 寅さん』は「寅さん」こと車寅次郎の甥・満男と、満男がかつて思いを寄せたイズミのその後の物語が展開され、別々の人生を生きてきた2人を軸に、さくらや博、くるまやを囲む人々の姿が描かれる。出演者は倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、夏木マリ、浅丘ルリ子ら。

ティザーポスターには「ただいま。このひと言のために、旅に出る。」というコピーと共に、帽子に腹巻、格子柄のダブルのジャケット、雪駄姿にトランクを手にする寅次郎の姿が写し出されている。

また特報では「ここには人生が、そして歴史がある」というテロップや、次々と浮かびあがるシリーズ歴代のポスター、登場人物たちが「寅さん」と呼ぶ声、桑田佳祐が歌う主題歌“男はつらいよ”のイントロ部分などが確認できる。

さらに12月25日には『男はつらいよ』シリーズの4Kデジタル修復版Blu-rayがリリース。単品Blu-rayに加えて、山田洋次が総合監修を務めた51枚組のBlu-rayボックスも用意される。詳細は松竹映画の特設サイトで確認しよう。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』ポスタービジュアル
 ©2019松竹株式会社
『男はつらいよ お帰り 寅さん』ポスタービジュアル ©2019松竹株式会社
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayキービジュアル ©松竹
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayキービジュアル ©松竹
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayボックス ©松竹
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayボックス ©松竹
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayジャケット ©松竹
『男はつらいよ』4Kデジタル修復版Blu-rayジャケット ©松竹
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る