NY発『ART BATTLE Tokyo』に12作家 プレゼンターにコシノジュンコ

アートイベント『ART BATTLE Tokyo』が7月6日に東京・天王洲の寺田倉庫で開催される。

2001年にアメリカ・ニューヨークで誕生し、これまでに世界50都市で2千回以上開催されている『ART BATTLE』は、制限時間内でアートパフォーマンスを行ない、観客の投票によって勝者が決定するアートイベント。

MCを武井壮、山賀琴子、プレゼンターをコシノジュンコが務める『ART BATTLE Tokyo』には、KYOCO MORI、DAISUKE INOMOTO、KATHMI、ColorhythmRisa、STONE63、SKTCH、Shinri、竹谷嘉人、片山美耶、jbstyle.、石川真衣、Carlos Sulpizioの12人が参加。優勝者は、12月に行なわれる全国大会への出場権を手にし、2020年に東京で開催予定の世界大会日本代表を目指す。

コシノジュンコのコメント

ART BATTLE Tokyoは、日本初開催の時にも審査員をさせていただきました。
アートが目の前で描かれていく様子は見ていてとても面白いです。
年齢問わず、これから活躍するアーティストのみなさんを応援しています。
当日会場でお会いしましょう!

武井壮のコメント

アーティスト達が20分の時間内で作品を生み出し、それを見守る観衆がその勝敗をジャッジする新たなバトルフィールド!
芸術と競技の融合したこのフィールドから、世界へ飛び出す新しいアートが生まれる瞬間を是非その目に刻み込んでください!

山賀琴子のコメント

今回アートバトルのMCとして参加できてとても嬉しいです!
小さい頃からよく美術館などに行っていてアートにはすごく興味がありました。
ただ、深い知識がある訳でもなく、詳しいことはわからない素人です・・・
そんな私ですが、目の前でアートがつくられていく場でアーティストさん達の熱量を感じ、会場の皆様ととことん楽しみたいと思っています!
この様な機会を頂けて大変光栄に思います。皆さん一緒に楽しみましょう!

イベント情報

『ART BATTLE Tokyo』

2019年7月6日(土) 会場:東京都 天王洲 寺田倉庫G3-6 料金:2,000円
  • HOME
  • Art,Design
  • NY発『ART BATTLE Tokyo』に12作家 プレゼンターにコシノジュンコ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて