ニュース

鹿野淳監修、60曲のヒットソングから平成30年間を読み解くレビュー本刊行

書籍『MUSICA2019年8月増刊号「サラバ!平成狂想曲 ~ヒット曲でよみがえる史上最強にポップな30年間~」』が刊行されている。

「平成30年間をヒット曲と共に振り返る」をテーマにした同書は、鹿野淳が主宰する音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」の生徒たちが、鹿野の監修のもと企画・編集・制作を行ない、約1年9か月をかけて完成させたレビュー本。平成の30年間を1年ずつに分け、各年2曲のヒットソングを選出し、その曲の歌詞とレビューを、各年に起きた社会的出来事と共に掲載する。

掲載曲は、米津玄師“Lemon”、SMAP“世界に一つだけの花”、Mr.Children“innocent world”、AKB48“恋するフォーチュンクッキー”、BUMP OF CHICKEN“天体観測”、GReeeeN“キセキ”、ZARD“負けないで”、宇多田ヒカル“Automatic”、KAN“愛は勝つ”、星野源“Family Song”、KinKi Kids“硝子の少年”、CHAGE and ASKA“SAY YES”、あいみょん“マリーゴールド”、スピッツ“ロビンソン”、X JAPAN“紅”、ELLEGARDEN“ジターバグ”、いきものがかり“じょいふる”、サザンオールスターズ“涙のキッス”、aiko“カブトムシ”、UNISON SQUARE GARDEN“シュガーソングとビターステップ”、モーニング娘。“LOVEマシーン”、西野カナ“会いたくて 会いたくて”など全60曲。

『MUSICA2019年8月増刊号「サラバ!平成狂想曲 ~ヒット曲でよみがえる史上最強にポップな30年間~」』表紙
『MUSICA2019年8月増刊号「サラバ!平成狂想曲 ~ヒット曲でよみがえる史上最強にポップな30年間~」』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表