「すみっコぐらし」が新作ストーリーで映画化 特報&ビジュアル公開

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が11月8日に公開される。

リラックマなどで知られるサンエックス株式会社から発売されたキャラクター・すみっコぐらし。寒がりの「しろくま」、自信がない「ぺんぎん?」、食べ残しの「とんかつ」、恥ずかしがり屋の「ねこ」など、「すみっこ」を好むキャラクターが多数登場する。劇場アニメは「すみっコぐらしチーム」完全監修による新作ストーリーで絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険が描かれる。

監督を務めるのは『磯部磯兵衛物語』『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』のまんきゅう。脚本は『銀河銭湯パンタくん』などの角田貴志(ヨーロッパ企画)、アニメーション制作は『アグレッシブ烈子』のファンワークスが担当する。

今回の発表とあわせて特報とティザービジュアルが公開。特報にはお気に入りの喫茶店に集まるすみっコたちの姿や、喫茶店の地下に隠された不思議な絵本に吸い込まれていく様が映し出されている。ティザービジュアルには絵本の端に並ぶすみっコたちに加え、ページの隅には新キャラクターと思われるキャラクターの姿が確認できる。

まんきゅうのコメント

アニメ業界の「すみっこ」にいる自分が、本作の監督をやらせて頂く運びになり、非常にご縁を感じております。「すみっコ」たちの魅力を原作ファンの皆さんはもちろん、たくさんの方々に伝えられるように、スタッフ一同「すみっコぐらし」と日々向き合っています。公開日を楽しみにしていて下さい!

角田貴志(ヨーロッパ企画)のコメント

「すみっコたちが映画になってくれるのか?
はじめは少し心配でしたが、みんなで一から考えて、想像以上の冒険...いや、大冒険になりました。
いつもどおりのすみっコたちを、いつもとちょっとちがうすみっコたちをお楽しみください。

作品情報

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』

2019年11月8日(金)から全国公開
監督:まんきゅう 原作:サンエックス 脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画) 美術監督:日野香諸里 アニメーション制作:ファンワークス 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「すみっコぐらし」が新作ストーリーで映画化 特報&ビジュアル公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて