ニュース

テオ・ヤンセンの巨大ビースト13体が北海道に初上陸、作家による実演解説も

『テオ・ヤンセン展』が7月13日から北海道・札幌芸術の森美術館で開催される。

1948年にオランダ・スフェベニンゲンで生まれたテオ・ヤンセン。物理学を学んだ後、画家に転向し、1990年から風をエネルギーとして動くプラスチックチューブ製の「ストランドビースト」を発表している。ストランドビーストは、約30年の間に様々な機能を身につけながら進化を重ね、その種の数は50を超えるという。

同展は、テオ・ヤンセンの国内展覧会の窓口権を取得した学研プラスによる第1弾。新作3体を含む全13体のストランドビーストが紹介される。テオ・ヤンセンの作品が北海道に上陸するのは今回が初。

7月13日と14日にはテオ・ヤンセン自身が「リ・アニメーション」という実際にビーストを動かす実演に加えて、解説を実施。スタッフによるリ・アニメーションは会期中毎日行なわれる。会場は動画も含め撮影可。

『テオ・ヤンセン展』ビジュアル
『テオ・ヤンセン展』ビジュアル
テオ・ヤンセン『アニマリアス・ムルス』
テオ・ヤンセン『アニマリアス・ムルス』
テオ・ヤンセン『アニマリス・プランデンス・ヴェーラ』
テオ・ヤンセン『アニマリス・プランデンス・ヴェーラ』
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで