SUMIREが連ドラ初出演、古川雄輝主演『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

連続ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』にSUMIREが出演することがわかった。

10月6日からWOWOWプライムで放送される同作は、麻見和史の小説をもとにした2015年放送の『連続ドラマW 石の繭 殺人分析班』の前日譚。ある殺人事件をきっかけに野木直哉と名前を変えた八木沼雅人が殺人鬼「トレミー」になるまでを描く。トレミー役に古川雄輝がキャスティング。

連続ドラマ初出演となるSUMIREが演じるのは、野木直哉の隣人・浅田吉佳役。野木に想いを寄せる吉佳は、野木と名前を改める前の八木沼が静岡で中学時代を送っていた時の同級生で、成年となった2人が川崎の同じアパートに住んでいることが発覚して物語が展開していく。

SUMIREのコメント

初のドラマ出演となる本作のオファーを受けた時の印象
殺人分析班シリーズのスピンオフにまさか自分が出演できるとは思っていなくて、初めは驚きもありつつ嬉しかったです。連ドラ初出演ということもあり、新しいSUMIREを見せられると思いとても意気込みを感じました。
最初に脚本を読んだ時の感想
事件の展開が早いだけでなく、人間それぞれの奥底にある感情が繊細に描かれているなと思いました。また、吉佳と野木の寄り添いあっていく人間味のあるシーンもあって見所がたくさんあると思いました。
視聴者へのメッセージ
今回のスピンオフで、吉佳という役を演じて、今までの役とはまた違った印象を与えられれば嬉しいと思います。また、新たにちょっとしたアクションにも挑戦していますので皆様に楽しんでいただければと思います!

番組情報

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

2019年10月6日(日)から毎週日曜22:30~WOWOWプライムで放送
監督:内片輝、山本大輔 脚本:清水匡 原作:麻見和史『石の繭 警視庁殺人分析班』(講談社文庫) 音楽:諸橋邦行 出演: 古川雄輝 SUMIRE ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • SUMIREが連ドラ初出演、古川雄輝主演『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて