川島小鳥×小橋陽介の2人展『飛びます プラス』両国で開催、新作ZINEも販売

川島小鳥と小橋陽介の2人展『飛びます プラス』が7月20日から東京・両国のGALLERY MoMo Ryogokuで開催される。

『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した写真家の川島小鳥と、書籍『sacai A to Z』や雑誌『真夜中』などでイラストを手掛けている画家の小橋陽介。3月から6月にかけて静岡・熱海の大舘建設6階、大阪・Le Prieure、東京・渋谷のUTRECHTで川島の写真と小橋の絵画をインスタレーションのように展示した2人展『飛びます』が行なわれていた。

『飛びます』の巡回展となる『飛びます プラス』では、主に川島が作品のセレクトを行ない、これまで展示されなかった作品も紹介予定。会場では2人の作品集『飛びます』や、川島の新作ZINEが販売される。初日の7月20日にはオープニングレセプションを実施。

イベント情報

川島小鳥、小橋陽介
『飛びます プラス』

2019年7月20日(土)~8月11日(日) 会場:東京都 両国 GALLERY MoMo Ryogoku 時間:11:00~19:00 休廊日:月曜
  • HOME
  • Art,Design
  • 川島小鳥×小橋陽介の2人展『飛びます プラス』両国で開催、新作ZINEも販売

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて