ホンマタカシの新作ドキュメンタリー予告編公開 トークゲストに山川冬樹ら

ホンマタカシによるドキュメンタリー映画『アヤクーチョの唱と秩父の山』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせてトークイベントのゲストが発表された。

7月27日と28日に東京・アップリンク吉祥寺で上映される同作は、写真家のホンマタカシにとって初の音楽ドキュメンタリー。2002年から写真活動と平行して制作してきた『ニュー・ドキュメンタリー』シリーズの最新作となり、埼玉・秩父に移り住んだペルー・アヤクーチョ出身の歌手イルマ・オスノの数奇な運命と、ペルー・アンデスの先住民音楽を追う。アヤクーチョはケチュア語で「死者が集まる場所」を意味する。

公開されたポスタービジュアルは、グラフィックデザイナーの長嶋りかこによるもの。上映時のゲストとして、7月27日は山川冬樹、7月28日は原武史が登壇する。また両日、主演のイルマ・オスノ、笹久保伸によるパフォーマンスが行なわれる。チケットは現在販売中。

さらに同作の公開を記念して、『ニュー・ドキュメンタリー』シリーズの過去作がアップリンク・クラウドで配信開始。配信作品は『After 10 Years』『最初にカケスがやってくる』『あなたは、あたしといて幸せですか?』『きわめてよいふうけい』の4作品で、8月18日までの期間限定となる。

作品情報

『アヤクーチョの唱と秩父の山』

2019年7月27日(土)、7月28日(日)にアップリンク吉祥寺で上映
監督:ホンマタカシ 出演: イルマ・オスノ 笹久保伸 笹久保クシ オトニエール・ハヤンチーラ カルロス・ファルコニー 上映時間:60分 配給:メジロフィルムズ 料金:一般1,900円 学生1,500円 UPLINK会員1,700円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ホンマタカシの新作ドキュメンタリー予告編公開 トークゲストに山川冬樹ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて