『ブレードランナー ファイナル・カット』日本初IMAXシアターで2週間上映

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』が、9月6日からIMAXシアターで2週間限定上映される。

『ブレードランナー ファイナル・カット』は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演で1982年に公開された映画『ブレードランナー』の2007年版。人間を殺して逃亡した強靭な肉体と高い知能を持つアンドロイド「レプリカント」5体を処刑するために、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ「ブレードランナー」であるデッカードが単独で追跡を開始するというあらすじだ。

日本では初となるIMAXシアター上映。リドリー・スコット監督は「『ブレードランナー』の中で一番好きなこの『ファイナル・カット』を是非楽しんでほしい」とコメントを寄せている。今回の発表とあわせてデッカードが「ブレードランナー・ブラスター」を手にしたポスターと予告編が公開。

上映予定劇場は、二子玉川、名古屋、木場、湘南、菖蒲、箕面の109シネマズ、日比谷、新宿、ららぽーと横浜、なんば、二条、仙台のTOHOシネマズ、としまえん、浦和、札幌、豊橋18、岸和田、キャナルシティ13、PARCO CITY浦添のユナイテッド・シネマ、池袋のグランドシネマサンシャイン、大和郡山、衣山、土浦のシネマサンシャイン、T・ジョイPRINCE品川、横浜ブルク13、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、イオンシネマ大高、成田HUMAXシネマズ、USシネマちはら台、エーガル8シネマズ。来館者には先着で特製ポスターがプレゼントされる。

作品情報

『ブレードランナー ファイナル・カット』

2019年9月6日(金)からIMAXシアターで2週間限定上映
監督:リドリー・スコット 原作:フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 音楽:ヴァンゲリス 出演: ハリソン・フォード ショーン・ヤング ルトガー・ハウアー ダリル・ハンナ エドワード・ジェームズ・オルモス 上映時間:117分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ブレードランナー ファイナル・カット』日本初IMAXシアターで2週間上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて