ニュース

LOOP POOL、新AL『Diversity』9月発売 新PV&トレイラ―映像も

LOOP POOL“空色 feat akari(Shiki)”PVより
LOOP POOL“空色 feat akari(Shiki)”PVより

LOOP POOLのニューアルバム『Diversity』が9月18日にリリースされる。

2008年結成の「青空・インスト・トリオ」、LOOP POOL。『Diversity』は、LOOP POOLにとって4枚目のアルバムとなる。収録曲は“空色 feat akari(Shiki)”“Touch”などを含む全11曲。楽曲制作には大島武宜、伊藤絵里、akari(Shiki)、渡辺明応(WAIWAI STEEL BAND)が参加している。

“空色 feat akari(Shiki)”のPVと、アルバムのトレイラ―映像が現在公開中だ。アルバムの発売に伴い、no.9、カキモトナオ([.que]、Seatide)、ADAM at、山本拓矢(Bohemian Voodoo)、落合"キット"慶太(The Hey Song)がコメントを寄せている。

no.9のコメント

LOOP POOL 彼らの新譜「Diversity」を幾度も聞いた。
初めて聞いた時と、二度目、三度目と、、不思議と印象ががらりと変わっていく。
きっとこの作品にはメンバー3人とその仲間たちの物語が詰まってる。
様々な場所でライブをしてきた彼らだからこそ、もらった拍手の数だけ前に進んだ。
あの日のストリートも、夕日を背中に受けた草原も、小さな野外ステージも、大きな大きなライブハウスも、そして深夜のスタジオも。
ぜんぶ彼らの今に繋がって、未来のステージにこんな素晴らしい音楽たちを届けるんだ。
誰かと比べる必要のない、これがLOOP POOLと、その仲間たちの音楽。

カキモトナオ([.que]、Seatide)のコメント

これまで以上にアレンジに力を入れているなぁという印象で、ゲストミュージシャンの参加も相まって、より進化、いや深化した作品だと思います。
野外やフェスで聴きたくなるようなサウンドを残しつつも、今作品でもストレートなバンドサウンドが印象的でした。
良い感じに脂が乗ってきてますな。ライブで見るのが楽しみです。
お疲れ様です。

ADAM atのコメント

LOOP POOLの音楽が身体を通るたびに、幾つもの景色が脳裏に浮かび、その景色の風、温度、匂いすらも感じさせてくれる。
自分では行ったことのない場所だ。
LOOP POOLが世界中の景色を音楽で切り抜いてアルバムにした。
旅の始まりは再生ボタン。
世界の広さと同じくらい広がるLOOP POOLが連れて行ってくれる音の景色を見に行こう。

山本拓矢(Bohemian Voodoo)のコメント

これまでになかった要素の数々。それは挑戦とも取れる一方で、とても自然。
ある哲学者は芸術は自然を模倣すると言ったが、その意味に思索を巡らせる。
各々に自然に積み重ねられたもので形成された豊かな土壌と、自ら生み出した過去の作品という種子が一体となり、新たな自然が生まれる。
それを自己の視点で描き出す事で生まれた作品は、果たして。

落合"キット"慶太(The Hey Song)のコメント

世間が注目をし始めているインストミュージック。
僕自身もJAZZ、POST ROCK、JAM等..ジャンルに拘らずたくさんのインストバンドを聴きます。
そんな中でもプレイリストに入れてリピートしたくなるのってやっぱりジャンル関係なく「気持ちイイ音楽」に限ります。
LOOP POOLはまさに「気持ちイイ音楽」にドンピシャ。
今作で僕のお気に入りは「endroll」と「Daylight」。あぁもうパクってしまいたいくらいに好きですこの2曲。笑
勝手にThe Hey Songと近いシンパシーを感じているんですが実は一度も共演したことないんですよね。(早く実現しましょう!)
リリース本当におめでとうございます!


記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察