ニュース

『あいちトリエンナーレ』来週開幕 パフォーミングアーツ5作品など注目

ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+エンクナップグループ 参考作品画像 『Pursuit of Happiness(幸福の追求)』2016、リュブリャナ(スロベニア)Photo: Andrej Lamut Courtesy of EN-KNAP Productions
ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+エンクナップグループ 参考作品画像 『Pursuit of Happiness(幸福の追求)』2016、リュブリャナ(スロベニア)Photo: Andrej Lamut Courtesy of EN-KNAP Productions

『あいちトリエンナーレ2019』が、8月1日から愛知・名古屋、豊田各所で開催される。

2010年から3年に1回開催されている『あいちトリエンナーレ』。4回目となる今回は「情の時代」をテーマに据え、国内外の90組以上のアーティストが現代美術や映像、パフォーミングアーツ、音楽など多様な表現を発表する。芸術監督は津田大介が務める。

オープニングから会期前半に行なわれるパフォーミングアーツのプログラムとして、8月3日、4日にネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+エンクナップグループによる『幸福の追求』が上演。トランプ政権誕生期に作られた同作は、アメリカ人が自国を自嘲するといった批評的な態度が織り込まれた作品で「西部劇のパロディー」の体裁をとっている。

また同時期の8月2日から4日にはベルギーで実際に起きた少女監禁殺害の顛末を、少年少女を役者に据えて再構成するミロ・ラウ(IIPM)+CAMPO『5つのやさしい小品』も上演。

創設45年の愛知の児童向け劇団うりんこが、演出に三浦基(地点)、舞台美術にメディアアーティストのクワクボリョウタを迎えて贈る劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ『幸福はだれにくる』は、開幕期の8月16日から18日、会期中盤の9月21日、22日の2期に分けての上演となる。

演劇と美術を横断しながら活動する高山明は、戦前のアジア主義者たちのテキストに基づく「街頭演説(パブリックスピーチ)」の可能性・不可能性を探りながら、『あいちトリエンナーレ2019』の会期中、発展的にプロジェクトを進める。オープニングの8月1日、2日に行なわれる「プロジェクトプレゼンテーション」でプロジェクトの一端が明かされるという。

さらに国際展の一部としてスペイン出身のドラ・ガルシアによるレクチャーパフォーマンス『ロミオ』を8月3日、4日に開催。同作は冷戦期に東ドイツのスパイとして暗躍した「ロミオ」と呼ばれる若い男性たちの存在に着想を得た作品となり、展覧会会場内にも「ロミオ」を忍び込ませるとのこと。レクチャーパフォーマンスでは、記者会見のように設えられた舞台に実際の「ロミオ」たちが登場し、観客と質疑応答を行なう。

各公演の詳細やその他のプログラムについては、『あいちトリエンナーレ2019』のオフィシャルサイトで確認しよう。

ミロ・ラウ(IIPM)+ CAMPO 参考作品画像 『Five Easy Pieces(5つのやさしい小品)』 2016 クンステン・フェスティバル・デザール、ブリュッセル(ベルギー)Photo: Phile Deprez Courtesy of IIPM
ミロ・ラウ(IIPM)+ CAMPO 参考作品画像 『Five Easy Pieces(5つのやさしい小品)』 2016 クンステン・フェスティバル・デザール、ブリュッセル(ベルギー)Photo: Phile Deprez Courtesy of IIPM
劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ 参考作品画像 『幸福はだれにくる』2019 Photo:Yoshiyasu Hattori
劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ 参考作品画像 『幸福はだれにくる』2019 Photo:Yoshiyasu Hattori
高山明(Port B) 参考作品画像  『ワーグナー・プロジェクト ―「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―』2017、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川
高山明(Port B) 参考作品画像  『ワーグナー・プロジェクト ―「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―』2017、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川
ドラ・ガルシア『The Romeos』 2018、個展「Love Comes From the Most Unexpected Places」Trondheim Kunstmuseum、トロンハイム(ノルウェー) Photo: Aksel-Dev Dhunsi Copyright: Trondheim Kunstmuseum and Dora García
ドラ・ガルシア『The Romeos』 2018、個展「Love Comes From the Most Unexpected Places」Trondheim Kunstmuseum、トロンハイム(ノルウェー) Photo: Aksel-Dev Dhunsi Copyright: Trondheim Kunstmuseum and Dora García
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開