ニュース

『文化庁メディア芸術祭』作品募集開始 審査委員に川田十夢、齋藤精一ら

『第23回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第23回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第23回文化庁メディア芸術祭』の作品募集が8月1日からスタートした。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。前回は102の国と地域から4384点の作品が寄せられた。

対象作品は、昨年10月6日から今年10月4日までに完成、または公開された作品。プロ、アマチュア、自主制作、商業作品を問わず、世界中から広く作品を募集する。

応募締切は日本時間10月4日18:00必着。各賞の発表は2020年3月を予定しており、受賞作品展は2020年9月19日から9月27日まで東京・お台場の日本科学未来館ほかで開催される。大賞、優秀賞、新人賞、功労賞に加えて、新たに「ソーシャル・インパクト賞」と「U-18賞」が増設。

審査委員は、アート部門の秋庭史典、阿部一直、池上高志、ゲオアグ・トレメル、エンターテインメント部門の川田十夢(AR三兄弟)、齋藤精一(ライゾマティクス)、中川大地、アニメーション部門の宇田鋼之介、佐藤竜雄、須川亜紀子、横須賀令子、マンガ部門の表智之、川原和子、白井弓子、西炯子ら。アート部門の選考委員には伊村靖子、渡邉朋也、マンガ部門の選考委員にはおぎのひとし、小田切博、倉持佳代子、西原麻里、松田尚正、三浦知志らが名を連ねる。運営委員を務めるのは建畠晢、古川タク。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側