ニュース

堀田真由が泣き叫び看守たちが暴走する 映画『プリズン13』予告&新写真

『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会

映画『プリズン13』の予告編と場面写真が公開された。

8月30日から公開される同作は、1971年に実施された心理学実験「スタンフォード監獄実験」に着想を得た密室サスペンス。主人公の女子大生マリが、Vtuberソフィアによる「12人の被験者を看守と囚人に分けて監獄生活を疑似体験させる」公開実験に参加し、看守を務めることになるが、やがて実験はエスカレートして死者が出てしまう、というあらすじだ。マリ役を堀田真由が演じるほか、マリの姉・ユマ役に板野友美、ユマの夫・コウキ役に前野朋哉、元ヤンキーの囚人グレ役に中島健、看守長ゲーテ役に岩井拳士朗がキャスティング。

予告編には、LEO今井による主題歌“Fandom(Remix For A Film)”を使用。マリがユマにソフィアの実験に応募したことを明かす姿をはじめ、看守の男性が「なんでお前さっきから仕切ってんの?」と苛立ちを露わにする様子、囚人の男性が看守の女性に「食事の許可をどうかよろしくお願いします!」と土下座する場面、裸でうつぶせになった人間の姿を見た看守が笑い声をあげるシーン、「助けてお姉ちゃん!」という叫びなどが確認できるほか、「明かされる13人目の参加者」というコピーが映し出されている。

また場面写真には、地面叩きつけられたマリたちの姿や、ユマとコウキが配信を見守るシーンなどが写し出されている。

『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
『プリズン13』 ©2019「プリズン13」製作委員会
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催