新海誠監督『天気の子』特別映像公開、RADWIMPSの主題歌“大丈夫”使用

新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』の特別映像が公開された。

『映画「天気の子」後報』と題された同映像には、RADWIMPSの楽曲“大丈夫(Movie edit)”を使用。頬に傷を負った醍醐虎汰朗演じる帆高が「陽菜! 飛べ!」と手を差し出す姿や、帆高が陽菜の手を取って街中を駆け抜ける様子、帆高の「ほっといてくれよ! みんな何も知らないで、知らないふりして!」という叫び、森七菜演じる陽菜が両手を重ねて「お願い!」と口にする場面、陽菜が青空の中で涙を浮かべるシーンなどが確認できる。同映像は8月9日から全国の劇場で上映予定。

現在公開中の『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代を舞台に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する姿を描く物語。離島から家出して東京のオカルト雑誌の編集プロダクションに住み込みで働く高校生の森嶋帆高が、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力を持つ少女・天野陽菜と出会う、というあらすじだ。劇伴と主題歌をRADWIMPSが担当。なお同作は、7月19日の公開初日から8月4日までの時点で動員数433万人、興行収入59億円を突破している。

作品情報

『天気の子』

2019年7月19日(金)から全国公開
監督・脚本・原作:新海誠 音楽:RADWIMPS 主題歌:RADWIMPS“愛にできることはまだあるかい”“グランドエスケープ(Movie edit) feat.三浦透子”“風たちの声(Movie edit)”“祝祭(Movie edit) feat.三浦透子”“大丈夫(Movie edit)” 声の出演: 醍醐虎汰朗 森七菜 本田翼 吉柳咲良 平泉成 梶裕貴 倍賞千恵子 小栗旬 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 新海誠監督『天気の子』特別映像公開、RADWIMPSの主題歌“大丈夫”使用

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて