ニュース

草間彌生の展覧会がニューヨーク植物園で来年開催 全敷地を使った大規模展

草間彌生
草間彌生

草間彌生の展覧会が、2020年5月2日からアメリカ・ニューヨーク ブロンクスのニューヨーク植物園で開催される。

11月1日まで行なわれる同展では、会場となるニューヨーク植物園の約100ヘクタールに及ぶ全敷地と、敷地内に点在する歴史的建造物内に作品を展示。単独の植物園の全スペースを使用して草間作品を展示するのは、今回が初とのこと。

展示作品は、草間本人が「愛してやまない」という自然界と彼女とのつながりを表現。展覧会のために特別に制作される新作をはじめ、絵画、立体作品、鏡を駆使した空間、花やカボチャの水玉模様の彫刻に加え、植物園の温室を使ったインスタレーション、初期作品のスケッチブックなどが展開される。

また敷地内のエニッド・A・ホウプト温室では、草間の絵画からインスピレーションを得た園芸作品を展示する。ルーエスターT.メルツ図書館では初期の草間作品を紹介。植物のスケッチ、紙を使った作品、コラージュ作品、アッサンブラージュ、彫刻などが展示される。さらに会期中は、様々な公開講座プログラムを実施予定。

ニューヨーク植物園のCEOであるキャリー・レボラ・バラットは「今回の展示会のために作られる新しい彫刻作品を始め、草間彌生氏の素晴らしい作品を私達の施設で展示できることと大変嬉しく思います。キャリアを通じて、自然界にインスピレーションを求め、限界と偏見に対しての挑戦を続けた草間は、彼女ならではの独特の芸術表現を生み出しました。草間作品の多くが抽象的な外見を有していますが、これは彼女が宇宙、とりわけ自然界をいかに捉えているかが表現されているものなのです。今回私達の施設での展示会を実現するにあたり、彼女の芸術的ビジョンを共有いただけたことについて、アーティストに感謝いたします」と喜びを語っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会