ニュース

『東京ビエンナーレ』公募企画『ソーシャルダイブ』参加アーティスト募集中

『東京ビエンナーレ2020公募プロジェクト“ソーシャルダイブ”ミッションは、東京にダイブし、社会と深く関わること』キービジュアル
『東京ビエンナーレ2020公募プロジェクト“ソーシャルダイブ”ミッションは、東京にダイブし、社会と深く関わること』キービジュアル

アートプロジェクト『東京ビエンナーレ2020公募プロジェクト“ソーシャルダイブ”ミッションは、東京にダイブし、社会と深く関わること』が、9月23日まで参加アーティストの応募を受け付けている。

2020年に開催される『東京ビエンナーレ2020』の公募企画となる『ソーシャルダイブ』は、東京の様々なエリアに集い、暮らす人々の持つ魅力や新しい価値を発見するプロジェクト。リサーチやディスカッションといった全3回のプログラムを通して練り上げられた制作プランの中から選考し、実現のために審査員や事務局が地域と協力し合う、「実践プログラム型のアートプロジェクト」になるという。

プログラムの参加募集定員は約50組で、約20組が『東京ビエンナーレ2020』の参加アーティストとして確定する。応募条件は「『ソーシャルダイブ』というテーマと向き合い、会場となる街そのものや、さまざまなコミュニティ、無形文化に深く関わることができる」ことと、10月13日、10月27日、11月17日に実施予定のプログラムに参加できること。選考委員には今井朋、今井紀明、岡田裕子、小田嶋 Alex 太輔、楠見清、小池一子、篠田千明、竹内昌義、ドミニク・チェン、中西忍、中村政人、西原珉、福住廉が名を連ねる。

公募期間中、2回にわたって『ソーシャルダイバーズミーティング』と題した事前説明会を東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催。第1回となる8月18日には小池一子、中西忍、竹内昌義、福住廉の4人、第2回となる9月8日には今井朋、岡田裕子、小田嶋 Alex 太輔、西原珉の4人が登壇する。各回の定員は50人で入場は無料。参加方法などの詳細は『ソーシャルダイブ』のオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図