『-shin-音祭』にバイン、bonobos、□□□、MONO NO AWARE、betcover!!追加

音楽イベント『新宿フィールドミュージアム「-shin-音祭 2019」』『新宿フィールドミュージアム「-shin-夜祭 2019」』の第2弾出演者が発表された。

昨年に初開催された『新宿フィールドミュージアム -shin-音祭』は、新宿の文化事業『新宿フィールドミュージアム』の一環として実施されるもので、「“最新”で“前衛的”な音楽/舞台/アートなど様々なカルチャーを生みだしてきた街=新宿の『文化的混沌』と『今日的な洗練』」をコンセプトに据えたイベント。今年は10月5日に東京・新宿文化センターで行なわれる。また前日の10月4日に前夜祭『-shin-夜祭』を新宿のLOFT、ROCK CAFE LOFT、MARZ、ACB HALLで開催する。

今回発表されたのは、『-shin-音祭』に出演するGRAPEVINE、bonobos、□□□、MONO NO AWARE、betcover!!、『-shin-夜祭』でDJを務める三浦康嗣の6組。今後も追加出演者の発表を予定している。

チケットは現在販売中。

イベント情報

『新宿フィールドミュージアム「-shin-音祭 2019」』

2019年10月5日(土) 会場:東京都 新宿文化センター
出演: あらかじめ決められた恋人たちへ サンガツ 国府達矢バンド KAKATO haruru犬love dog天使 Kaco 室井雅也 GRAPEVINE bonobos □□□ MONO NO AWARE betcover!! and more 料金:3,000円 ※小学生以上要チケット、6歳未満は無料
イベント情報

『新宿フィールドミュージアム「-SHIN-夜祭 2019」』

2019年10月4日(金) 会場:東京都 新宿 LOFT、ROCK CAFE LOFT、MARZ、ACB HALL
出演: 石野卓球 菊地成孔(DJ) feat. FINAL SPANK HAPPY 999999999 Compact Club 三浦康嗣 and more 料金:3,000円
  • HOME
  • Music
  • 『-shin-音祭』にバイン、bonobos、□□□、MONO NO AWARE、betcover!!追加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて