ニュース

『あいトリ』日替りライブに堀込泰行、眉村ちあき、柴田聡子、七尾旅人ら

『円頓寺デイリーライブ』ビジュアル
『円頓寺デイリーライブ』ビジュアル

音楽イベント『円頓寺デイリーライブ』の9月10月期の出演者が発表された。

『あいちトリエンナーレ2019』内で8月1日から開催中の同イベント。愛知・名古屋の長久山円頓寺 駐車場に設置された特設ステージで毎週木曜から日曜の19:00から行なわれている。特設ステージの背面は『あいちトリエンナーレ2019』の出展作品として鷲尾友公が描き下ろした壁画になっている。

今回発表されたのは23組。9月1日に畳野彩加(Homecomings)、5日にCampanella、6日に奇妙礼太郎、7日にオオヤユウスケ、8日に蔡忠浩(bonobos)、12日に平賀さち枝、13日に環ROY、14日に佐藤タイジ from 中津川 THE SOLAR BUDOKAN、15日にものんくる from 中津川 THE SOLAR BUDOKAN、19日に眉村ちあき、20日にテンテンコ、21日にクリトリック・リス、22日にMom、26日に原田珠々華、27日に勝井祐二、28日にYeYe、29日に後藤まりこ アコースティックviolence POP、10月3日にZOMBIE-CHANG、4日に柴田聡子、5日に堀込泰行、6日に角銅真実、10日にテト・ペッテンソン、11日に七尾旅人が出演する。観覧は無料。

なお『あいちトリエンナーレ2019』が取り組む参加作家のジェンダー平等により、同企画の出演者41組も男性19組、女性19組、男女混成グループ3組となった。

『円頓寺デイリーライブ』曽我部恵一出演時の模様
『円頓寺デイリーライブ』曽我部恵一出演時の模様
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開