クリトリック・リス

Total 51 Posts

音楽経験のなかったサラリーマンのスキギムが、行きつけのバーの常連客達と酔った勢いでバンドを組む。 しかし初ライブ当日に他のメンバー全員がドタキャン。やけくそになりリスズムマシーンに合わせてパンツ一丁で行った即興ソロ・パフォーマンスが、「笑えるけど泣ける」と話題となりソロ・ユニットとして活動を開始。過激なパフォーマンスでアンダーグラウンド・シーンの話題を集める。2016年には自身をモチーフとした映画「光と禿」で役者デビューし数々の賞を獲得。2017年47歳にして奇跡のメジャーデビュー。2019年2月20日、自分の表現したい音楽を全力で作り上げるため、完全自主制作の3rdアルバム『ENDLESS SCUMMER』を自身のレーベル・SCUM EXPLOSIONよりリリース。2019年4月20日(土)には、50歳を祝う自身最大キャパでの日比谷野音ワンマンをDIYで開催予定。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて