内田ユイとTYM344の2人展『ART FOLDA 00 SKIP TRACER』日比谷で開催

内田ユイとTYM344の2人展『ART FOLDA 00 SKIP TRACER』が8月19日から東京・日比谷のMEDEL GALLERY SHUで開催される。

アニメーション制作の現場で使われていたセル画技術を引用、展開した絵画作品を制作する内田ユイと、「絵を描くこととは、決定された画像をつくること」を掲げ、自身が「二値化絵画」と呼ぶ手法を用いた絵画を制作するTYM344。

展覧会タイトルの「トレース(trace)」には跡を辿る、なぞるなどの意味がある。TYM344は自作の半分以上が街の看板や標識などをサンプリングして画面を構成する点で「trace」であり、内田ユイはアニメーションの仕組みを絵画に転用しているため「trace」がその原理的な要素になっている。『SKIP TRACER』と題された同展では「trace」する「行為主体」に焦点が当てられている。

イベント情報

内田ユイ、TYM344
『ART FOLDA 00 SKIP TRACER』

2019年8月19日(月)~9月1日(日) 会場:東京都 日比谷 MEDEL GALLERY SHU 時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 内田ユイとTYM344の2人展『ART FOLDA 00 SKIP TRACER』日比谷で開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて