三吉彩花&ムロツヨシがデュエット 映画『ダンスウィズミー』本編映像

映画『ダンスウィズミー』の本編映像が公開された。

8月16日から公開される同作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』などの矢口史靖監督が手掛ける初のミュージカルコメディー。催眠術によって音楽を聴くと歌って踊らざるを得ない身体になってしまったOLの静香が、催眠術を解くために催眠術師を探して日本中を駆け巡るというあらすじだ。静香役に三吉彩花、「こズルい調査員」の渡辺役にムロツヨシがキャスティング。

公開されたのは、静香と渡辺による歌唱シーン。駅の時計が15時を指した瞬間に童謡“浜辺の歌”が流れ始めてしまうことから、音楽が聴こえた静香が思わず歌い出し、その様子に驚きつつ、アカペラで共に歌い出す渡辺の様子が映し出されている。

静香が最後に見せるしかめっ面のカットでは、矢口監督からの「OK」がなかなか出ず、27テイクの撮影が行なわれたとのこと。お手本として、ムロツヨシが三吉に表情の作り方を伝授したという。ムロツヨシは、主演を務めた三吉に対して「すべてを吸収しようとしていて明るくて素直でいいなと思いました。そんな三吉さんを支えようと思っていたのですが実際に支えられたのは、プライベートで海鮮丼と焼き肉を食べに行ったときですかね。ご飯2回分をごちそうしたのでそこは支えられました」とコメントしている。

作品情報

『ダンスウィズミー』

2019年8月16日(金)から全国公開
原作・監督・脚本:矢口史靖 出演: 三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田明 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 三吉彩花&ムロツヨシがデュエット 映画『ダンスウィズミー』本編映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて