ベルルスコーニ元首相がモデル P・ソレンティーノ監督の新作『LORO』11月公開

パオロ・ソレンティーノ監督の新作映画『LORO 欲望のイタリア』が、11月15日から東京・渋谷のBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

同作は、政治と金、マフィアとの癒着、職権乱用、問題発言など「スキャンダル政治家」として知られるイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルとした作品。2006年、因縁の政敵に敗北し失脚したベルルスコーニが首相の座に返り咲こうと動き出すというあらすじだ。原題は『Loro』、英題は『Them』。

ベルルスコーニ役にトニ・セルヴィッロ、ベルルスコーニの妻ヴェロニカ役にエレナ・ソフィア・リッチ、ベルルスコーニに近づき成り上がろうとする青年実業家セルジョ役にリッカルド・スカマルチョがキャスティング。今回の発表とあわせて「トランプなんて子どもだましさ。」というコピーと共に両手を広げるベルルスコーニの姿を捉えたティザーポスタービジュアルが公開された。なお同作はR-15+指定作品となる。

作品情報

『LORO 欲望のイタリア』

2019年11月15日(金)からBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開
監督:パオロ・ソレンティーノ 出演: トニ・セルヴィッロ エレナ・ソフィア・リッチ リッカルド・スカマルチョ 上映時間:157分 配給:トランスフォーマー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ベルルスコーニ元首相がモデル P・ソレンティーノ監督の新作『LORO』11月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて