ニュース

河崎実監督の怪獣グルメ映画『三大怪獣グルメ(仮)』製作 監修は久住昌之

映画『三大怪獣グルメ(仮)』の製作が発表された。

同作は『いかレスラー』『日本以外全部沈没』などで知られる河崎実が監督を務める新作映画。脚本を河崎監督と右田昌万が担当し、漫画家・久住昌之が監修を担当する。河崎監督による着ぐるみ特撮を交えた作品になるとのこと。主演は舞台『おそ松さん on STAGE』『文豪ストレイドッグス』、MANKAI STAGE『A3!』などに出演している植田圭輔。植田は主人公・雄太役を演じる。

あらすじは、寿司屋の1人息子であり天才科学者の雄太が奉納用のネタを過って隅田川に落としたことから、食材が変異し巨大タコとなって東京に出現し、追い打ちをかけるように巨大イカも出現することで街がパニック状態になってしまったことを受けて、政府が科学者などの識者を総動員した「シーフード怪獣攻撃部隊」を結成し、決死の作戦を開始するというもの。

映画製作の発表に伴い、漫画家・ほりのぶゆきによる同作のコミカライズが決定。9月末から「WEBコミックガンマ」で連載開始予定だ。また本日9月5日から配給宣伝費の支援のためのクラウドファンディング企画が「CAMPFIRE」でスタートしている。

河崎実監督のコメント

わたしが18才の時初めて撮った8ミリ映画が「フウト」という、隅田川に落としたすき焼きの具の豆腐・肉・ネギが巨大化して怪獣となり暴れだし、最後は当時の後楽園球場ですき焼きになるというものでした。
あれから42年、プロになっても「いかレスラー」「ギララの逆襲」など、どうかしている作風は一貫しています。
この度原点に還り、完璧にバカバカしい映画を製作できることは無上の喜びです。
期待しないで見ると意外と面白いと思いますので、是非ご覧ください!

植田圭輔のコメント

「三大怪獣グルメ(仮)」に主人公“雄太”役で出演させて頂く植田圭輔です。最初に台本を読んだときは頭の中にたくさんの「?」が浮かびましたが(笑)、とにかく河崎監督の独特過ぎる世界観に自分が入れるという事で、不思議な喜びを感じてます。完成がどうなるか今は想像できませんが、とにかく一生懸命この役を生きます!どうぞご期待下さい!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図