佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌監督が語る 映画『ひとよ』特別映像

白石和彌監督の映画『ひとよ』の特別映像が公開された。

桑原裕子率いる劇団KAKUTAの舞台作品『ひとよ』を実写映画化する同作は、ある事件で運命を大きく狂わされた母とその子供たち3兄妹が、事件から15年後に再会し、葛藤と戸惑いのなかで崩壊した絆を取り戻そうともがく姿を描く作品。家族と距離を置いて東京でフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二役に佐藤健、夫婦関係に思い悩む長男・大樹役に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦めスナックで働く妹・園子役に松岡茉優、母・こはる役に田中裕子がキャスティングされている。公開日は11月8日。

特別映像には、白石和彌、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優によるコメントとメイキングを収録。映像内で白石和彌監督は「過去を振り返っているんだけど、実は稲村家とはなんなのかとか、私たち家族はどうやっていけばいいのか、未来を見つめていくことでもある」と語り、佐藤健は「すぐに出演したいと思いましたし、自分が演じる役にも共感できた」「すごくいい台本だなと思いました」などとコメント。鈴木亮平は「ああ、これが白石組かと思って楽しんでました」、松岡茉優は「私たちがちゃんと生きていないと面白くないと思ったから、試されるなと思った気がします」と明かしている。

ムビチケは9月20日から発売される。

作品情報

『ひとよ』

2019年11月8日(金)から全国公開
監督:白石和彌 脚本:高橋泉 原作:桑原裕子『ひとよ』 出演: 佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 音尾琢真 筒井真理子 浅利陽介 韓英恵 MEGUMI 大悟(千鳥) 佐々木蔵之介 田中裕子 配給:日活
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌監督が語る 映画『ひとよ』特別映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて