ニュース

『東京ドキュメンタリー映画祭2019』に移民や難民、多様な性など映す47本

『東京ドキュメンタリー映画祭2019』が11月30日から7日間にわたって東京・新宿のK's cinemaで開催される。

同イベントでは、移民や難民、多様な性、沖縄基地問題、東日本大震災の原発事故についてなど、「今の社会」を映し出す全47作品のドキュメンタリー映画を上映。「特別作品」「招待作品」「特集作品」といった各プログラムに加え、国内外から集まった長編、短編映画によるコンペディションを実施する。コンペディションには約140本の応募作品の中から厳選された長編10作品、短編25作品が出品される。

短編映画は「沖縄と基地問題」「記録映像によるアート」「21世紀の難民たち」「アジアと戦争」「人生という名の哀歌」「森と農のある暮らし」「親子の離別」「テレビが映す人の“性(さが)”」「おいかけ女子のシネエッセイ!」など9つのプログラムに分けられる。最終日には、審査員によるコンペティション作品のグランプリを発表するほか、各賞の授賞式を実施。

上映作品は、常井美幸監督の『空と、木の実と。』、上方啓文監督の『テスティモニー証言』、湯本雅典監督の『沖縄から叫ぶ戦争の時代』、トモトシ監督の『美しくあいまいな日本の私たち』『THE NEVERENDING CEREMONY』、村岡由梨監督の『イデア』、梁貴恵監督の『ユートピア』、セ・アル・マムン、ジョン・ソヒ監督の『ビニールハウスは家じゃない(This is not a house)』、ヤン・シーリウ監督の『芯言~残された子ども~』、房満満監督の『ザ・カミングアウト~中国LGBTの叫び~』など。

上映スケジュールや料金などの詳細は『東京ドキュメンタリー映画祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。

『東京ドキュメンタリー映画祭2019』ビジュアル
『東京ドキュメンタリー映画祭2019』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開