『さよならテレビ』劇場公開 東海テレビ製作、「テレビの現場」に迫る

映画『さよならテレビ』が、2020年1月2日から東京・ポレポレ東中野、愛知・名古屋シネマテークほか全国で順次公開される。

「東海テレビドキュメンタリー劇場」シリーズの第12弾作品となる同作は、昨年9月に開局60周年記念番組として東海地方限定で放送された『さよならテレビ』に新たなシーンを加え、110分の映画として公開するもの。テレビを持たない若者も珍しくなく、「マスゴミ」などと揶揄されるようになって久しい、現在のテレビを巡る状況を背景に、『ホームレス理事長 -退学球児再生計画-』『ヤクザと憲法』のクルーが自社の報道部にカメラを入れて制作した。

監督は『ヤクザと憲法』の圡方宏史。プロデューサーは『ヤクザと憲法』をはじめ、『人生フルーツ』『眠る村』など手掛けた阿武野勝彦が務めている。

作品情報

『さよならテレビ』

2020年1月2日(木)からポレポレ東中野、名古屋シネマテークほかで公開
監督:圡方宏史 音楽:和田貴史 上映時間:110分 配給:東風
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『さよならテレビ』劇場公開 東海テレビ製作、「テレビの現場」に迫る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて