ニュース

『文化庁メディア芸術祭』審査委員に森本千絵、倉田よしみ、佐藤竜雄ら

『第23回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第23回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第23回文化庁メディア芸術祭』の新たな審査委員が発表された。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。対象は、昨年10月6日から今年10月4日までに完成または公開された作品となり、プロ、アマチュア、自主制作、商業作品は問わない。応募締切は日本時間10月4日18:00必着。

新たに発表された審査委員は、アート部門の田坂博子(東京都写真美術館)、エンターテインメント部門の時田貴司(スクウェア・エニックス)、森本千絵、アニメーション部門の佐藤竜雄、須川亜紀子(横浜国立大学)、横須賀令子、和田淳、マンガ部門の倉田よしみ(大手前大学)の8人。

さらに「フェスティバル・プラットフォーム賞」の作品募集がスタート。今回は、日本科学未来館の球体展示に関する作品が対象となる。受賞作品は『文化庁メディア芸術祭』の受賞作品展で紹介。同賞の審査委員は、川村真司(Whatever Inc.、CCO)、水口哲也(エンハンス、シナスタジアラボ)、水谷仁美(リコー)が務める。締切は11月29日。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会