樹木希林の生活とユーモア 記録映画『“樹木希林”を生きる』冒頭3分公開

ドキュメンタリー映画『“樹木希林”を生きる』の冒頭3分の映像が公開された。

木寺一孝が手掛けた同作は、昨年の9月15日に逝去した樹木希林を長期密着取材した『NHKスペシャル“樹木希林”を生きる』に未公開映像を加えて再編集したもの。様々な「樹木希林」の姿や、家族との関係、日々の暮らしが映し出される。1年間の長期密着は、1人で取材するというルールのもと許可されたという。公開は10月4日。

公開された映像には、樹木自身が運転する車の中で「日常生活と仕事がパキパキとなっていなくて近所に買い物に行くのとかわらない」と語るシーンや、番組プロデューサーとのギャラ交渉で「安いな。あたしナレーションの値段よそれ」と言う場面、撮影現場のまかないの準備をする様子などが映し出されている。

作品情報

『“樹木希林”を生きる』

2019年10月4日(金)からシネスイッチ銀座ほかにて公開 監督・語り・撮影:木寺一孝 出演:樹木希林 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 樹木希林の生活とユーモア 記録映画『“樹木希林”を生きる』冒頭3分公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて