O・アサイヤスが描く本と人生と愛、映画『冬時間のパリ』にJ・ビノシュら

オリヴィエ・アサイヤス監督の映画『冬時間のパリ』が、12月20日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開される。

同作はフランスの出版業界を舞台に、愛や人生に迷う2組の夫婦がそれぞれの幸せを模索していく様子を、冬のパリでの生活と共に描いた作品。電子書籍ブームが押し寄せるなか、時代の流れに順応しようと奮闘する編集者のアラン役にギョーム・カネ、女優の妻・セレナにジュリエット・ビノシュ、アランの友人で作家のレオナール役にヴァンサン・マケーニュがキャスティングされている。

2016年『パーソナル・ショッパー』で『第69回カンヌ国際映画祭』監督賞を受賞したオリヴィエ・アサイヤスが監督を務めた。

作品情報

『冬時間のパリ』

2019年12月20日(金)からBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開
監督・脚本:オリヴィエ・アサイヤス 出演: ジュリエット・ビノシュ ギョーム・カネ ヴァンサン・マケーニュ クリスタ・テレ パスカル・グレゴリー 上映時間:107分 配給:トランスフォーマー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • O・アサイヤスが描く本と人生と愛、映画『冬時間のパリ』にJ・ビノシュら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて