『大地の芸術祭』公式WEBマガジン『美術は大地から』創刊、折坂悠太ら登場

『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』のオフィシャルウェブマガジン『美術は大地から』が創刊した。

『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』総合ディレクターの北川フラムが編集長を務める『美術は大地から』は、アートフロントギャラリー、アソビュー、CINRAによる同芸術祭のオフィシャルサイトリニューアルプロジェクトの第1弾。「新潟から世界を捉え、21世紀の美術を考える 大地の芸術祭公式WEBマガジン」をタグラインに、越後妻有の魅力を四季、芸術、人など多角的な視点で発信していく。

初回記事には、北川フラムによるディレクターコラムや、サイトリニューアルプロジェクトの裏側に迫る記事、折坂悠太が『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を巡る記事、同芸術祭のオフィシャルサポーター田中里奈へのインタビュー、アソビューによる旅レポートがラインナップ。毎月更新予定のトップページのイラストは今日マチ子が棚田をイメージして描いた。

ウェブマガジンのデザイン・構築はCINRAが担当する。サイトリニューアルは冬を予定。

関連リンク

  • HOME
  • Art/Design
  • 『大地の芸術祭』公式WEBマガジン『美術は大地から』創刊、折坂悠太ら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて