松嶋菜々子が大沢たかおの妻役 AIが命を選ぶ入江悠監督映画『AI崩壊』

松嶋菜々子が、入江悠監督の新作映画『AI崩壊』に出演していることが発表された。

2020年1月31日から公開される同作の舞台は、AIが医療や金融、交通、セキュリティーなど国民の生活を支える2030年の日本。ある日突然暴走したAIが、全国民のデジタルデバイスによって蓄積される検索履歴や趣味趣向の情報、行動データ、年齢、遺伝子情報、病歴、犯罪歴、納税額といった膨大な個人情報を分析して「生きる価値がある人間」「生きる価値が無い人間」を選別し、殺戮を開始するというあらすじだ。画期的なAIの開発者で天才科学者の主人公・桐生浩介役に大沢たかおがキャスティング。

松嶋菜々子が演じるのは、桐生浩介の妻・桐生望役。夫と共にAIの研究をしていたが、病によってこの世を去ってしまうというキャラクターだ。発表とあわせて、ベッドに横たわる望と、望を見つめる浩介の姿が写し出された場面写真が公開。

松嶋は、入江悠監督のオリジナル脚本を最初に読んだ時の印象について「日本でここまでスケールが大きい作品は無いと思いますので、この脚本をどのように映像化していくのか期待が膨らみました」とコメント。AIをテーマにした『AI崩壊』への思いについて「AIに代わる仕事が増えていく未来もあると思いますが、たとえAIになったとしても、そこには人間ならではの想いが無いといけないなと常日頃から感じています」と語っている。

また、同作で5度目の共演となる大沢たかおについて「『私の事が好きで指名してるでしょ(笑)』『そうだよ!』と冗談を言いあいながら、とってもご縁がありますねと話していたんです。共演を重ねるうちにそんなことも言い合えるようになりました」と述べている。

松嶋菜々子のコメント

最初に脚本を読んだ時の印象
近未来を描いた作品は海外で多く作られていると思いますが、日本でここまでスケールが大きい作品は無いと思いますので、この脚本をどのように映像化していくのか期待が膨らみました。
映画『AI崩壊』に参加してみて
10年後、20年後の未来がわからない中で、どのように個性を活かして、この先をどう生きていくのかを考えることがよくあります。きっとその中にはAIに代わる仕事が増えていく未来もあると思いますが、たとえAIになったとしても、そこには人間ならではの想いが無いといけないなと常日頃から感じています。一番大切なのは、人の存在価値や感情であり、ロボットが一番ではないと思っているので。
大沢たかおとの共演について
もう何作目にもなるんですよね(笑)長いのから短いのまで入れるともう5回目とか。「私の事が好きで指名してるでしょ(笑)」「そうだよ!」と冗談を言いながら、とってもご縁がありますねと話していたんです。共演を重ねるうちにそんなことも言い合えるようになりました。大沢さんとは、別の作品でアクションシーンもご一緒しましたが、身体も鍛えられていて凄くストイックな方という印象があります。そんな大沢さんのもち味を出しながら、作品を作り上げているので出来上がりが楽しみです。

作品情報

『AI崩壊』

2020年1月31日(金)から公開
監督・脚本:入江悠 出演: 大沢たかお 賀来賢人 広瀬アリス 岩田剛典 高嶋政宏 芦名星 玉城ティナ 余貴美子 三浦友和 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松嶋菜々子が大沢たかおの妻役 AIが命を選ぶ入江悠監督映画『AI崩壊』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて