おかもとえみ4年ぶりソロALから“待つ人”PV公開 mabanuaがトラックメイク

おかもとえみ(フレンズ)のソロ楽曲“待つ人”のPVが公開された。

同曲はmabanuaがトラックメイクを担当。明日10月9日にリリースされるおかもとえみの1stフルアルバム『gappy』に収められている。PVの監督はくるりや椎名林檎、BUMP OF CHICKENなどの映像作品を手掛ける番場秀一が務めた。

おかもとえみにとって約4年ぶりのソロ作品となる『gappy』には全11曲を収録。mabanuaのほか、PARKGOLF、EMCAT、EVISBEATS、MICHEL☆PUNCH、Opus Inn、Shin Sakiura、illmore、Kan Sano、TSUBAME、赤い靴がトラックメイクを手掛け、堀込泰行が参加している。アルバムの特設インスタグラムでは、未公開のジャケット内の写真やおかもとえみによる楽曲解説を掲載している。また、10月16日には東京・代官山のUNITでリリース記念ライブが開催。PARKGOLF、TOKYO HEALTH CLUBが出演する。

さらに、2020年2月21日に大阪・梅田のShangri-La、2月24日に東京・鴬谷の東京キネマ倶楽部でワンマンライブを行なうことを発表した。チケットの先行予約は10月17日から受付開始予定。詳細は後日公開される。

リリース情報
イベント情報

『“gappy” release party』

2019年10月16日(水) 会場:東京都 代官山 UNIT
出演: おかもとえみ PARKGOLF TOKYO HEALTH CLUB 料金:前売4,300円(ドリンク別)
イベント情報

『1st full album “gappy” tour おかもとえみ on stage』

2020年2月21日(金) 会場:大阪府 梅田 Shangri-La 2020年2月24日(月・祝) 会場:東京都 鶯谷 東京キネマ倶楽部
  • HOME
  • Music
  • おかもとえみ4年ぶりソロALから“待つ人”PV公開 mabanuaがトラックメイク

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて