ニュース

アート特集の『花椿』冬号に薄希英による資生堂唐草やChara×石上純也対談

資生堂の企業文化誌『花椿』冬号が、10月15日から資生堂関連施設および全国の書店約50か所で無料配布される。

「The Role of Art」をテーマとした同号の表紙、巻頭にはアメリカ・ニューヨークを拠点とする25歳の写真家アリエル・ボブ・ウィリスが、岡本太郎やパブロ・ピカソらの言葉にインスピレーションを得て撮り下ろした作品を掲載。さらに今福龍太、服部浩之、原田マハらによるコラムや、60年以上にわたって「資生堂唐草」を描き続けてきた描版師・薄希英が『花椿』のために描いた「Forest of Karakusa」を収録する。

Charaの連載企画「サロン・ド・バー 花椿」では建築家の石上純也と対談。そのほかの連載には、ジェイ・チュン、キュウ・タケキ・マエダ、折坂悠太、河瀨直美、リクリット・ティラヴァーニャらが登場する。付録として巻頭のアリエル・ボブ・ウィリスの撮り下ろし写真と「Forest of Karakusa」のポストカードが封入。

さらに10月15日から東京・資生堂銀座ビル2階 ギンザコミュニケーションスペースで『資生堂 唐草原画展』を開催。薄希英による原画を中心に資生堂唐草の制作過程を紹介する。

『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開