MICOや『POPEYE』編集部がメキシコのカルチャーの「今」語るトークイベント

11月2日に東京・渋谷ヒカリエのMADOで開催されるトークイベントの詳細が明らかになった。

同イベントは10月26日からMADOで行なわれる『MÉXICO MÁGICO メヒコ・マヒコ』の一環として実施。メキシコと日本のカルチャーを繋ぐイベント『MÉXICO MÁGICO メヒコ・マヒコ』では、メキシコのカルチャーシーンで活動する8人のメキシコ人アーティストと、4人の日本人アーティストがメキシコの祝祭「死者の日」をテーマに描き下ろした作品を展示するほか、メキシコの中心地で生まれたウェアブランド「TONY DELFINO」の日本初となるポップアップショップを展開。Tシャツ、ハット、ジャケットに加えて、展示に参加する牛木匡憲、Diego Freyre、PONIらとのコラボレーションアイテムを限定で取り扱う。

トークイベントのタイトルは『メキシコのカルチャーの今を知ろう。メヒコ・マヒコ・トーク』。前半はメキシコの旅で衝撃を受けたというMICO(SHE IS SUMMER)と、展示に参加するSCHOKOが登壇し、「メキシコの旅で得たもの」をテーマに対談する。後半は『POPEYE 2019年8月号「メキシコが呼んでいる!」』の担当編集者と、Smithe(TONY DELFINO)が参加。特集記事ができるまでの裏側や、メキシコのストリートカルチャーの今などを語る。司会は竹中万季(CINRA)が担当。イベント終了後には懇親会が行なわれる。

Peatixではトークイベントの参加応募を30人限定で受付中。参加者にはプレミアムテキーラ「ドン・フリオ」を使ったカクテルが提供される。

イベント情報

『MÉXICO MÁGICO メヒコ・マヒコ』

2019年10月26日(土)~11月2日(土) 会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8/ MADO
時間:11:00~20:00 展示: 牛木匡憲 苦虫ツヨシ SCHOKO OKATAOKA PONI Jesús Benítez Seher One Jonathan Miralda Fuksman Osley Diego Freyre Mazatl Betotl Irigoyen 出店: 旅する雑貨屋ocho オープニングパーティー 2019年10月26日(土) 会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8/ MADO 時間:19:00~22:00 『メキシコのカルチャーの今を知ろう。メヒコ・マヒコ・トーク』 2019年11月2日(土) 会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8/ MADO 時間:20:00~22:00 登壇: MICO(SHE IS SUMMER) SCHOKO 『POPEYE』編集部 Smithe(TONY DELFINO) 竹中万季(CINRA) 定員:30名 料金:2,000円(ドリンク付、要事前予約)
  • HOME
  • Art,Design
  • MICOや『POPEYE』編集部がメキシコのカルチャーの「今」語るトークイベント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて