菅田将暉と小松菜奈が7つのスタイリングを披露 niko and...冬ビジュアル

菅田将暉と小松菜奈がブランドアンバサダーを務めるniko and...の冬ビジュアルが、オフィシャルサイトと全国の店舗で公開されている。

森本千絵がアートディレクターを務めた冬ビジュアルのコンセプトは「気持ちを高ぶらせる物語で冬を暖めたい。まるで映画や小説の主人公のように心はどこまでへも冒険したい。冬をまとう服と共に生まれた6つの物語。『End of the movie』『Dot Blues』『LAST METRONOME』『LONELY BLOOD』『SOLO SUNRISE』『Driving into the moon』。この先のお話は、目を閉じながら、耳を澄ませて想像を楽しんでみてください。ふたりが織りなす物語のはじまり。」。菅田将暉と小松菜奈はそれぞれ7つのスタイリングを披露している。

なお東京・二子玉川ライズでは11月1日からクリスマスシーズンにあわせて宇宙船のセットを使用した特別ビジュアルを展開。「クリスマスの灯を打ち上げる。宇宙の彼方でメリークリスマス!星々を捕まえてツリーを飾り、光を集めてラッピング。何万光年先まで今目の前に広がるクリスマスを届けに出発です。」というコンセプトでクリスマスを表現しているという。

  • HOME
  • Life&Society
  • 菅田将暉と小松菜奈が7つのスタイリングを披露 niko and...冬ビジュアル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて