ポン・ジュノ監督『パラサイト』に是枝裕和、西川美和、川村元気らが賛辞

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』に寄せられた著名人のコメントが公開された。

『第72回カンヌ国際映画祭』でパルムドールに輝いた同作は、全員失業中で「半地下」住宅においてその日暮らしの貧しい生活を送るキム一家を中心にした作品。長男・ギウがIT企業を経営する裕福な一家の家庭教師になったことをきっかけに、2つの家族の出会いが悲喜劇へと発展していく、というあらすじだ。公開は2020年1月。

コメントを寄せた著名人は、是枝裕和、阪本順治、濱口竜介、李相日、西川美和、山下敦弘、片山慎三、川村元気。

是枝裕和のコメント

観る前の人に、この映画の内容を説明するのは野暮だ。
「見ろ!」としか言えないし、「面白い!」としか言いようがない。
だから、とにかく見て欲しい。

阪本順治のコメント

観終わってすぐに、私のこころが呟いた言葉は「あぁ、とても同じ職業とは思えない」。
感動を越えて、ひざから落ちた。これはもう映画の範疇に収まらない。
著述であり、彫刻でもあり、絵画でもあり、建築でもある。
常にアンダーグラウンドから世界を見据えるポン・ジュノ監督は、この作品を経て、もはや、現代のミケランジェロだ。悔しいかな、彼を越えるのは、きっと、彼自身でしかないだろう。

濱口竜介のコメント

「傑作」という言葉では足らない、現代映画の一つの到達点。
映画とはここまで面白くなくてはならないのかと、一監督として途方に暮れた。

李相日のコメント

暗闇を目隠しで疾走するごとく巡る興奮と刺激の奥底に、社会の不浄さ、人間の滑稽さを教訓などで語らずして優雅に描き切るその腕力にただひれ伏す。
笑いながら観ていたはずが、気づけば背筋が凍る衝撃に慄いてしまう。
究極の変態で徹底的に残酷(最大の誉め言葉!)、
そしてほんのちょっぴり優しさが入り混じるポン監督が見つめているのは、まごうことなき“人間の尊厳”
遥か彼方に霞んで見える大きな背中を、これからも追い続けたいと私は思う。

西川美和のコメント

ポン・ジュノ監督の持つ天才的なグロテスクさと笑いとに、最高の洗練が加わった。
これだけ社会の重い病巣を描いているのに、どうしてこんなにも面白く観られてしまうんでしょうか。
どんなに斜に構えている人でも、どんなに映画を見慣れていない人でも、五分で目を離せなくなるように作られています。世界中に褒められて当然!

山下敦弘のコメント

貧乏家族が金持ち家族を侵食していく、分かりやすいコメディだと安心させておいて、とんでもないところへ観客を導く。
ポン・ジュノは映画を信じ、観客を信じて自ら映画を遊んでしまう。
なんか映画の全部が詰まってる感じ。いつか爪の垢を煎じて飲ませてください

片山慎三のコメント

ホームグラウンドにポン・ジュノ監督が帰って来た!!
的確なフレーム、リズミカルなセリフ、驚愕のストーリーテリング!
そのひとつひとつに意味があり計算されつくされている!芸術とエンターテイメントの見事な融合!
観終わった後、あなたに寄生する大傑作です!

川村元気のコメント

映画人として最も尊敬しているポン・ジュノ監督の最新作であり、カンヌ映画祭のパルムドール受賞作。
期待値を上げるだけ上げて観たら、底が抜けて奈落に突き落とされたような衝撃。
見上げると、巨軀の天才が満面の笑みでこちらを見ている。僕たちは、ここから這い上がらないといけない。

作品情報

『パラサイト 半地下の家族』

2020年1月からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督・共同脚本:ポン・ジュノ 音楽:チョン・ジェイル 出演: ソン・ガンホ イ・ソンギュン チョ・ヨジョン チェ・ウシク パク・ソダム イ・ジョンウン チャン・ヘジン 配給:ビターズ・エンド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ポン・ジュノ監督『パラサイト』に是枝裕和、西川美和、川村元気らが賛辞

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて