ニュース

重岡大毅がお笑い芸人役 松岡昌宏主演『死役所』第6話で塙宣之らと共演

『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会

テレビ東京系で放送中の連続ドラマ『死役所』の第6話のゲスト出演者が発表された。

あずみきしによる同名漫画をもとにした同作は、様々な理由で亡くなった者たちの行き先を決める手続きをする「シ役所」を舞台にした作品。シ役所の総合案内で働く職員・シ村のもとを訪れる死者の生前の姿が炙り出されていく様や、シ役所で働く職員たちの隠された秘密、シ村の秘められた過去などが描かれる。主人公のシ村役をテレビ東京のドラマでは初主演となる松岡昌宏が演じている。

第6話「カニの生き方」にゲスト出演するのは、重岡大毅(ジャニーズWEST)、塙宣之(ナイツ)、中島歩、工藤綾乃ら。

重岡大毅は芸人コンビ「カニすべからく」の高関一文役、塙宣之はカニすべからくが出演するお笑いコンテスト『デッドオアコント』のMC役、中島歩は高関一文の相方で難病が発症してしまう佐尾高茲役、工藤綾乃はカニすべからくのマネージャー松井役を演じるほか、『デッドオアコント』にはジグザグジギーら総勢17人の芸人が出演する。お笑い監修は塙宣之が務めるほか、カニすべからくが劇中で披露するネタはかが屋が作成。

第6話のあらすじは、芽が出なかったカニすべからくに結成10年でようやくチャンスが訪れるが、佐尾が突然倒れこんでしまい、『デッドオアコント』の決勝戦当日、佐尾がスタジオに現れず、高関が焦り出すというもの。

重岡大毅は「この作品は死を扱ったもので、皆さん『人って死んだらどうなるんだろう』って考えた事あると思うんですけど、そこをすごく興味深く、ミステリアスに描いているし、なおかつ面白い。僕たちの6話はなかなかハートフルな回で、見ている人の心をきれいにするじゃないですけど、それぐらいのパワーがあると思いますのでぜひご覧ください」とコメント。

また塙宣之は「みどころは第6話のジャニーズ事務所さんとマセキ芸能社の融合!(笑)撮影時に何人マセキがいたかって話ですよ(笑)もちろん中身としても、家族でもない、恋人でもない、でも一般の方にはわからない不思議な関係で繋がる相方・・・『もしその相方がいなくなったら』という芸人の永遠のテーマを描いている。ナイツも1人になって何もできなくなる前に『65歳で1回解散しようか』と言っているぐらいで。芸人にとって本当に難しくて、普遍の問題なので、凄くいいテーマだと思います!」と述べている。

また10月30日放送の第3話に菅本裕子、11月6日放送の第4話に植木理子が出演することもわかった。

重岡大毅(ジャニーズWEST)のコメント

お話をいただいて、これで今年全クール出ていることになりました。
お芝居ができることが本当にうれしいです。すごく気合が入り、原作も読ませていただきました!脚本を読む前から、僕が演じた「カニすべからく・高関一文」は「愛される人」というイメージで、原作でもよくクシャッとした、鳥の足みたいな目で笑っているんです(笑)そして芸人さんはやってみたかった役でもあったので、楽しかったです。
またナイツ・塙さんがお笑い監修、ネタはかが屋さん、ということで豪華すぎるな、と。芸人さんをすごくリスペクトしているので「こいつしょーもねーな!」とか思われたらどうしようかなとド緊張していました。そんな中、塙さんは「このネタはここは肝だから」とパパっと決められる。さすが!というか、プロだなと思いましたね。
相方・佐尾役の中島くんのことは、もうとにかく大好き!すごく原作の「佐尾」なんです。コンビとして10年一緒にいる絆を表現するには、「とにかくコミュニケーションが大事!」と、初めて会った時に挨拶したら、中島くんの方からハグされて(笑)ギャグセンスも高くて、クランクインの日に「佐尾のネタに俺が爆笑する」という場面で、佐尾が書いてきたって渡してくる小道具のネタ台本に変な言葉が書いてあったんです。それで本当に笑っちゃって(笑)自然に撮影ができた。しかもそれが恩着せがましくない。「こんな優しい人いないな」って思いました。この作品は死を扱ったもので、皆さん「人って死んだらどうなるんだろう」って考えた事あると思うんですけど、そこをすごく興味深く、ミステリアスに描いているし、なおかつ面白い。僕たちの6話はなかなかハートフルな回で、見ている人の心をきれいにするじゃないですけど、それぐらいのパワーがあると思いますのでぜひご覧ください。

塙宣之(ナイツ)

今回、コントの監修をさせていただいたんですが、なんせ僕は漫才なんでねぇ…(笑)どういう風に指導するか悩んだんですが、役者として熱演しちゃうと、やっぱり笑いづらくなっちゃうので、下手にしてほしいと言いました。そこが難しいんですけど、重岡さん、中島さん共に飲み込みが早くてすごく自然体な感じやってたから、良かったなと。
重岡さんの印象は、僕、週に26本全局のドラマ見てるので、「ストロベリー・ナイトサーガ」「これは経費で落ちません!」とかももちろん見てたんですけど、実際会ってみて一ファンとして「顔小さいなぁ、思ってたより背が大きいんだな」とか思ってしまうという(笑)中島さんは、芸人にいそうなタイプで、なんか味がある感じがいい。ちょっと明るい感じの重岡さんと、暗い感じの中島さんという組み合わせで、いい2人だなと思いました。ちなみに今回、コンテストのMC役としての出演もあったんですが、僕自身は脚本を読んで「カニすべからく」の思いは理解しているんだけど、本来MCはそこまで裏側を知らないだろうから、淡々とやろうと思いました。
みどころは第6話のジャニーズ事務所さんとマセキ芸能社の融合!(笑)撮影時に何人マセキがいたかって話ですよ(笑)もちろん中身としても、家族でもない、恋人でもない、でも一般の方にはわからない不思議な関係で繋がる相方・・・「もしその相方がいなくなったら」という芸人の永遠のテーマを描いている。ナイツも1人になって何もできなくなる前に「65歳で1回解散しようか」と言っているぐらいで。芸人にとって本当に難しくて、普遍の問題なので、凄くいいテーマだと思います!

『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性