妻夫木聡が足の指を舐める&夏帆とキス、島本理生原作『Red』予告編

映画『Red』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

2020年2月21日から公開される『Red』は、『第21回島清恋愛文学賞』を受賞した島本理生の同名小説をもとにした作品。平凡な結婚をし、「何も問題のない生活」を過ごしていたはずの村主塔子の運命が、約10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦と再会したことで予想もしない方向へ走り出す様を描く。鞍田秋彦の求愛に心を揺り動かされる村主塔子役を夏帆、塔子の気づかなかった心の隙間に入り込む鞍田秋彦役を妻夫木聡が演じる。監督は三島有紀子。

予告編では、鞍田が「君は、変わってないな」と笑みを浮かべる姿をはじめ、柄本佑演じる小鷹淳が煙草を片手に「2人とも知り合いっすか?」と話しかける様子、間宮祥太朗演じる塔子の夫・村主真の「塔子は働く必要ないよ」という言葉、小鷹と塔子が笑顔で夜の街を駆け抜ける場面、上半身裸の鞍田が足の指を舐める様、鞍田と塔子のキスシーンなどが確認できるほか、「この夜の先は、絶望か、希望か――」というコピーが使用されている。

また、赤を基調としたポスタービジュアルには、顔を近づける鞍田と塔子が顔を近づける様子などが写し出されているほか、「愛することが、生きることだった。」というコピーが使われている。

作品情報

『Red』

2020年2月21日(金)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督:三島有紀子 脚本:池田千尋、三島有紀子 音楽:田中拓人 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 出演: 夏帆 妻夫木聡 柄本佑 間宮祥太朗 片岡礼子 酒向芳 山本郁子 浅野和之 余貴美子 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 妻夫木聡が足の指を舐める&夏帆とキス、島本理生原作『Red』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて