チョロ松・神谷浩史&十四松・小野大輔が『IT/イット』を紹介する映像

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』とアニメ『おそ松さん』のコラボ映像が公開された。

本日11月1日公開の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、スティーヴン・キングのホラー小説を原作とした『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の完結編。前作の27年後が舞台となり、連続児童失踪事件が再び発生し、「COME HOME COME HOME」というメッセージがかつて「それ」と対峙した27年後の子供たちに届くというあらすじだ。27年後のビル役にジェームズ・マカヴォイ、ベバリー役にジェシカ・チャステイン、リッチー役にビル・ヘイダーがキャスティング。ペニーワイズ役をビル・スカルスガルドが引き続き演じている。

コラボ映像は『おそ松さん』のチョロ松と十四松が映画を紹介するもの。2人がビルら「ルーザーズクラブ」に親近感を覚える場面や、「『IT/イット』を知らないと……女の子にモテない!!」と映画館にいくことをアピールする様子が映し出されている。チョロ松役の神谷浩史と十四松役の小野大輔はそれぞれ『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』日本語吹替版のエディ役、ベン役にキャスティングされている。

作品情報

『IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。』

2019年11月1日(金)から全国公開
監督:アンディ・ムスキエティ 脚本:ゲイリー・ドーベルマン 原作:スティーヴン・キング 出演: ビル・スカルスガルド ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・チャステイン ビル・ヘイダー イザイア・ムスタファ ジェイ・ライアン ジェームズ・ランソン アンディ・ビーン ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • チョロ松・神谷浩史&十四松・小野大輔が『IT/イット』を紹介する映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて