東京国際映画祭コンペ部門グランプリはデンマーク映画『わたしの叔父さん』

『第32回東京国際映画祭』の受賞結果が発表された。

本日11月5日に閉幕する『第32回東京国際映画祭』。コンペティション部門東京グランプリ、東京都知事賞にはフラレ・ピーダセン監督の『わたしの叔父さん』が輝いた。

また日本映画スプラッシュ部門監督賞は、渡辺紘文監督の『叫び声』、同部門作品賞は森達也監督の『i -新聞記者ドキュメント-』、コンペティション部門観客賞はドミニク・モル監督の『動物だけが知っている』が受賞。東京ジェムストーン賞受賞者には『タイトル、拒絶』の伊藤沙莉、『“隠れビッチ”やってました。』の佐久間由衣らが名を連ねる。

そのほかの受賞作については『第32回東京国際映画祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。

詳細情報

『第32回東京国際映画祭』受賞結果

コンペティション部門 東京グランプリ/東京都知事賞 『わたしの叔父さん』(監督:フラレ・ピーダセン) 審査委員特別賞 『アトランティス』(監督:ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ) 最優秀監督賞 サイード・ルスタイ(『ジャスト 6.5』) 最優秀女優賞 ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ(『動物だけが知っている』) 最優秀男優賞 ナヴィド・モハマドザデー(『ジャスト 6.5』) 最優秀芸術貢献賞 『チャクトゥとサルラ』(監督:ワン・ルイ) 最優秀脚本賞 『喜劇 愛妻物語』(監督・脚本:足立紳) 観客賞 『動物だけが知っている』(監督:ドミニク・モル) アジアの未来部門 作品賞 『夏の夜の騎士』(監督:ヨウ・シン) 日本映画スプラッシュ部門 作品賞 『i -新聞記者ドキュメント-』(監督:森達也) 監督賞 渡辺紘文(『叫び声』) 国際交流基金アジアセンター特別賞 レザ・ジャマリ(『死神の来ない村』監督) アメリカン航空アウォード 大学対抗ショートフィルムコンテスト グランプリ 『Down Zone』 監督:奥井琢登(大阪芸術大学) 東京ジェムストーン賞 ヨセフィン・フリーダ(『ディスコ』主演) 伊藤沙莉(『タイトル、拒絶』主演) 吉名莉瑠(『テイクオーバーゾーン』主演) 佐久間由衣(『“隠れビッチ”やってました』主演)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 東京国際映画祭コンペ部門グランプリはデンマーク映画『わたしの叔父さん』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて