バストリオの舞台『ストレンジャーたち/野性の日々』12月にVACANTで上演

バストリオの新作舞台『ストレンジャーたち/野性の日々』が、12月6日から東京・原宿のVACANTで上演される。

今野裕一郎が主宰する創作ユニット・バストリオ。演劇、映画、人が集まる場のプロデュースや、演劇ワークショップに加えて、松本一哉、杉本佳一、FourColor、minamo、滝沢朋恵、空気公団、タカラマハヤ、角銅真実、三日満月ら音楽家とのコラボで作品を発表している。

9月と10月に連続上演された『ストレンジャーたち』『野性の日々』を含む「野性シリーズ」の3作目となる『ストレンジャーたち/野性の日々』のテーマは「ホーム」と「アウェイ」。見知らぬものや他者との間に引いた境界線上で縦横無尽にアクションを起こす人々の生が描かれる。

アフタートークのゲストとして初日の12月6日には佐々木敦、7日には山下澄人が登壇。チケットには『ストレンジャーたち』『野性の日々』の戯曲が特典として付属するプレミアチケットなども用意される。

なお会場となるVACANTは12月末をもってクローズすることが決まっている。

イベント情報

バストリオ
『ストレンジャーたち/野性の日々』

2019年12月6日(金)~12月9日(月)全7公演 会場:東京都 原宿 VACANT
演出:今野裕一郎 作:バストリオ 音楽:SKANK、タカラマハヤ、SPORTS MEN 出演: 橋本和加子 坂藤加菜 佐藤駿 田崎小春 kurokimai タカラマハヤ 菊沢将憲 料金: 前売 一般3,500円 U-25券3,000円 当日 一般4,000円 U-25券3,500円 ※14歳以下無料、ペア券6,000円、特典付チケット5,000円
  • HOME
  • Stage
  • バストリオの舞台『ストレンジャーたち/野性の日々』12月にVACANTで上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて