舞台『鬼滅の刃』、炭治郎役・小林亮太ら登場のメインビジュアル

『舞台「鬼滅の刃」』のメインビジュアルが公開された。

吾峠呼世晴が『週刊少年ジャンプ』で連載中の同名漫画をもとにした同作。大正時代の日本を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、「鬼狩り」の道へ進む様を描く。主人公の竈門炭治郎役を小林亮太、炭治郎の妹・禰豆子役を高石あかりが演じる。脚本と演出を末満健一が担当。

メインビジュアルは、炭治郎を中心としたメインキャラクター9人の姿を捉えたもの。漫画アプリ「少年ジャンプ+」では、『週刊少年ジャンプ』定期購読者を対象としたチケット最速先行予約を11月17日まで受け付けている。一般販売は12月14日10:00からスタート。

『舞台「鬼滅の刃」』は、2020年1月18日から東京・天王洲銀河劇場、1月31日から兵庫・AiiA2.5TheaterKobeで上演される。

イベント情報

『舞台「鬼滅の刃」』

脚本・演出:末満健一 原作:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』(集英社) 音楽:和田俊輔 出演: 小林亮太 高石あかり 植田圭輔 佐藤祐吾 本田礼生 高木トモユキ 星璃 其原有沙 柿澤ゆりあ 久家心 舞羽美海 佐藤永典 佐々木喜英 ほか 東京公演 2020年1月18日(土)~1月26日(日)全15公演 会場:東京都 天王洲銀河劇場 兵庫公演 2020年1月31日(金)~2月2日(日)全5公演 会場:兵庫県 AiiA2.5TheaterKobe 料金:各公演 S席9,800円 A席7,800円
  • HOME
  • Stage
  • 舞台『鬼滅の刃』、炭治郎役・小林亮太ら登場のメインビジュアル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて