ニュース

小沢健二の全国ツアー『So kakkoii 宇宙 Shows』来年5月から5都市で開催

小沢健二
小沢健二

小沢健二の全国ツアー『小沢健二2020ツアー“So kakkoii 宇宙 Shows”』が、2020年5月30日から開催される。

『So kakkoii 宇宙 Shows』はニューアルバム『So kakkoii 宇宙』のリリースツアーとして実施。5月30日の神奈川・パシフィコ横浜を皮切りに、6月3日と4日に大阪・フェスティバルホール、6月12日に愛知・名古屋国際会議場、6月14日に福岡・博多のサンパレスホール、6月20日と21日に東京・有明の東京ガーデンシアターを巡る。東京ガーデンシアターは2020年春にオープンする新たなホールで、7000人規模の観客を収容可能。チケットの販売情報などは後日発表される。

また、11月13日発売のニューアルバム『So kakkoii 宇宙』の収録曲と曲順も公開。小沢にとって約13年ぶりのアルバムとなる同作には、“彗星”“流動体について”“アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)”などの既発楽曲をはじめ、“いちごが染まる”“高い塔”“失敗がいっぱい”“薫る(労働と学業)”といった新曲4曲を加えた全10曲が収められる。アートワークは小沢自身がAdobe Illustratorを使用して制作。歌詞をすべて銀箔で型押ししたジャケットと歌詞カードとなった。

小沢は11月15日に日本テレビ系『バズリズム02』、11月16日にNHK総合『SONGS』に出演。『SONGS』では“彗星”“薫る(労働と学業)”“強い気持ち・強い愛”の3曲を演奏し、都内の焼き鳥屋を舞台にしたトークパートもオンエアされる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会